• office

LABEL DESIGN MAKER スマートフォンで手軽にラベル作成

  • office

LABEL DESIGN MAKER スマートフォンで手軽にラベル作成

LABEL DESIGN MAKERとは

  • スマートフォンでラベル作成し、無線LAN経由で印刷することができるアプリケーションです。
  • イラストを選んだり文字を入力するだけで、自動的にレイアウトされ、簡単に作成することができます。

対応製品と対応OS

EC-P10 / KL-E300 / KL-E550

iOS対応
Android対応
対応OSバージョンはダウンロードページをご覧ください。

おもなラベル作成機能

1. 自由に作成

オリジナルのラベルを作成します。
おすすめのフォントやフレームを選んで作成することもできます。

2. デザインを揃えて作成

作りたいラベルのリストを作成し、デザインを選ぶだけで、統一感のあるラベルを一括で作成できます。


3. 定型フォーマット(ファイル)

ファイルの長さに合わせて、背ラベルや表ラベルを作ることができます。

4. 定型フォーマット(インデックス)

フォーマットを選ぶだけで、使い慣れた市販のインデックスラベルのラベルタイトルを簡単に作ることができます。

5. サンプルラベル

サンプルからデザインを選択し、ラベルを作成します。

接続方法

LABEL DESIGN MAKER とラベルライター(以後プリンターと記述します。)を無線LANで接続します。
接続方法には、クライアントモードとアクセスポイントモードの2つがあります。

EC-P10をお使いの場合

  1. 以下のページの「スマートフォンと接続する」をご覧ください。

    EC-P10 / EC-P10SET 早わかり操作ガイド

KL-E300をお使いの場合

  1. 以下のページの「スマートフォンと接続する」をご覧ください。

    KL-E300 早わかり操作ガイド

クライアントモードで接続する場合(KL-E550)

プリンターを、お使いの無線LAN環境にクライアント(子機)として接続して使用します。
お使いの無線LAN ルーターまたは無線LAN アクセスポイントを経由して、スマートフォンと接続します。

  1. プリンターと無線LANルーターを接続します。
    ※接続方法については、PC版アプリケーション側の記載を参照ください。PC版アプリケーションの説明はこちら
  2. スマートフォンの設定で、無線LAN(Wi-Fi)の接続先としてルーターを指定します。
  3. LABEL DESIGN MAKERの「プリント設定」で、接続するプリンターを指定します。

    KL-E550のプリンター名(購入時):「My CASIO PC LABEL PRINTER 46」

アクセスポイントモードで接続する場合(KL-E550)

プリンターとスマートフォンを直接、無線LAN で接続します。
プリンターがアクセスポイントとして動作するため、無線LAN の環境がなくても、使用することができます。
購入時の設定のまま、接続することができます。

  1. プリンターの電源キーを押して、電源を入れます。
  2. プリンターの無線LAN(Wi-Fi)切替キー無線LAN(Wi-Fi)を押して、無線LAN(Wi-Fi)をONにします。
    無線LAN(Wi-Fi)ランプが緑色で速く点滅します。
  3. スマートフォンの設定で、無線LAN(Wi-Fi)の接続先としてプリンターを指定します。
    接続が完了すると、プリンターの無線LAN(Wi-Fi)ランプが緑色で点灯します。

    KL-E550のSSID(購入時): CASIO KLPC46 AP
  4. LABEL DESIGN MAKERの「プリント設定」で、接続するプリンターを指定します。

    KL-E550のプリンター名(購入時):「My CASIO PC LABEL PRINTER 46」

※アクセスポイントモードで接続中は、スマートフォンでのデータ通信(メール送受信など)はできませんので、クライアントモードでの接続をおすすめします。

ダウンロード

下記のボタンをクリックして、ダウンロードできます。




※Google Playおよび Google Play ロゴ は、Google LLCの商標です。

※Androidは、Google LLCの商標です。

※App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

※IOSは、米国シスコの商標または登録商標です。